起業家通信

起業家通信 vol.10

起業した人の気になるその後を起業支援センタースタッフ高橋・鈴木・佐藤が取材しました!

元々書家としてされていた渡辺さん。
初回の相談の後どのように事業を展開していったのか、お話をお伺いしました。

 

_起業相談はいかがでしたか?
相談がきっかけで自分のウリに気付くことができ、リスタートできました。いってよかったです!SNSでの露出を増やしました。
__前向きな内容をFacebookページ、個人ページでアップされていますね。
それまではひっそりとやっていたのですが…。活動内容や自分の考えをアップするようにしたら、繋がる人が変わってきました。そこから仕事に繋がっています。
__他に、リスタートしてから変化したことはなんですか?
ホームページをclipさんに作成していただき、ヒーリング・カウンセリングを事業として行うようになりました。ひとつ覚悟を決めてやるには、めんどくさいこともやらなくちゃいけないんですよね。書類作成とか…。


__なるほど。笑 書を書くにあたり、インプットはどうしていますか?
前は本をたくさん読んでいたのですが、リスタートしてからは止めました。本を読んでも思い出せなかったら今じゃないんだなと考えるようになって。今はコトバが自然に降りてきます。
__バスケの経験を活かし、コーチもされていますね。
本当に良い仕事だなと思います。人の良いところをたくさん見つけられるようになりました。
__今、とても楽しそうですね!
楽しいです!予定が埋まっていくのも楽しいですね。発展の仕方を考えれば、もっともっと人に伝えられるんじゃないかと思います。
__今後の展開を教えてください。
子どもたち、そしてママたちを笑顔にしていきたいです。子どもが変わればママも変わる、ママも変われば家族が変わる。子どもたちには私みたいな生き方もあるんだということを、伝えていきたいです。
__最後に渡辺さんのビジョンを教えてください。
みんなが輝いている世界になればいいと思います。私の書がそのきっかけになればうれしいですね!
__渡辺さん、ありがとうございました!

   

kotobabitoSHO(ことば人ショウ)  
〒940-2105新潟県長岡市緑町1丁目38−40

   
@kotobabitosho

「kotobabitoSHOとコラボしたい!!」という方は渡辺さんまたは当センターまでご連絡ください!

【編集後記】飛行石にバスボール、世界地図や沢山の作品。渡辺さんのアトリエにはわくわくが詰まっている!お伺いするたび高橋氏は「ここを事務所に」と提案。今の事務所はどうなるの!?と思いつつ、アトリエ風仕事場は最高かもと未来にわくわく。(鈴木)

起業家通信ダウンロード

kotobabitoSHOさんの起業家通信はこちらからダウンロード>>>